節電効果で利益もアップできる蓄電池の魅力|塗料で変わる外壁塗装

住宅

家の腐食を招く問題

メジャー

建てた家を腐食させ、家族の健康も害してしまう危険な住宅トラブルといえば、雨漏りが挙げられます。屋根の雨漏りは住宅へさまざまなマイナスの影響を及ぼしてしまいます。屋根から数滴の水が漏れているだけであれば、多くの人は床が濡れないようにバケツを置くなどの処置を行ないますが、雨漏りの害は床ではなく、家を支える屋根に与えられます。たとえ少量の雨水でも、屋根を支える屋台骨である木や鉄骨を腐食させる要因となるので、放置すれば屋根の腐食により、天井が崩れるなどの問題が生じかねません。また、住宅の材木を腐らせてしまうことになるので、腐った木材に大量のカビが生えることとなります。屋根に生えたカビは、階下全体へ有害な胞子を撒き散らしてしまうので、住んでいる家族に気管支炎などの健康被害が現れるようになります。特に抵抗力の低い幼児や高齢者となると、重篤な症状を引き起こす可能性があるので、雨漏りには注意を払わなければならないのです。屋根の雨漏りを修理するには、住宅のリフォームなどを手掛ける会社に依頼するとよいでしょう。住宅を住みやすくするだけでなく、住宅トラブルにも対処してくれるので、トラブルが生じた場合頼りになるのです。

屋根の雨漏りを修理するリフォーム会社は、屋根の様子を内部から確かめ、どの部位から雨が落ちたかを調べます。雨漏りがあれば必ず木材などにその後が残っているので、調べることで屋根のどの部分が破損しているかが分かります。屋根の破損部分を埋め、さらに腐食などが見られる木材があれば、新しい木材へ取り換えることも行なってくれます。一度雨水に濡れてしまった木材や鉄骨は、ほかの木材などよりも劣化するスピードが早くなってしまうので、必ずリフォーム会社に交換してもらうようにしましょう。